詐欺

2022年04月01日

「偽札あるかも」 交換装い280万円だまし取る 78歳女性被害、岐阜

岐阜県警大垣署は29日、大垣市の無職女性(78)が現金約280万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。署はニセ電話詐欺事件として調べている。
警察によると29日午前11時ごろ、警察官を名乗る男から「お金を偽札に替える手口の空き巣2人が捕まった。リストにお宅の名前があった。確認のために警察官を行かせる」と女性方に電話があった。

約40分後、警察官をかたる男が来訪。「偽札が交ざっているかもしれないから、お金を全部出してほしい。新しいものに交換する」と言われたため、女性は現金約280万円を封筒に入れて手渡した。男は「警察署に来てほしい。後から迎えに行く」と言って女性宅を去ったが、1時間たっても迎えが来なかったため、110番して発覚した。女性は1人暮らしだった。

2022/3/29 岐阜新聞Web


securitygoods at 15:02|Permalink

2021年11月28日

アプリ利用料330万円だまし取られる、男性被害

27日午後、兵庫県尼崎市の会社員男性(59)が「アプリの利用料金として現金約330万円をだまし取られた」と兵庫県警尼崎南署に届け出た。詐欺事件として調べている。

同署によると、10月27日、男性の携帯電話に「利用料金の確認が取れていない」というショートメールが届いた。
記載の連絡先に電話をすると、男から「アプリの利用料金が支払われていない」などと言われた。
男性は男の指示に従い、同日から11月19日までの間に7回、現金計約330万円を指定された口座に振り込んだという。
男性はその後、連絡が取れなくなったことを不審に感じて同署に相談し、事件が発覚した。

2021/11/27 神戸新聞NEXT


securitygoods at 15:12|Permalink

2021年11月10日

架空事業で知人の不動産担保、3億円超融資 3人を詐欺容疑で逮捕

2021/11/10 毎日新聞

知人女性に架空の事業計画を持ち掛け、金融機関から融資を受けるために女性所有の不動産を担保にさせたとして、警視庁捜査2課は10日、男性容疑者3人を詐欺容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で判明した。逮捕容疑は2017年11月、東京都内に住む60代女性に茨城県内で事業を展開するとの架空の計画を持ち掛け、女性が都内に所有していた土地と建物を担保にさせたとしている。融資額は3億数千万円だったという。

securitygoods at 16:13|Permalink

2021年10月21日

横浜中区で酩酊男性のカード使い現金21万円引き出す、スナック従業員の中国人2人逮捕

2021/10/20 カナロコ by 神奈川新聞

客のキャッシュカードで不正に現金を引き出したとして、神奈川県警伊勢佐木署は20日、窃盗の疑いで、ともにスナック従業員で中国籍の41歳の女と31歳の女の2人を逮捕した。

逮捕容疑は、6月12日朝、同区のコンビニで東京都在住の男性会社員名義のカードを無断使用して現金計21万円を引き出して盗んだ、としている。2人とも「盗んでいない」などと容疑を否認しているという。

通帳と預金の盗難と不正引き出し事件

キャッシュカード、クレジットカードの盗難、犯罪不正

クレジットカードの偽造やスキミングなどの犯罪

キャッシュカードのトラブル、盗難被害や偽造事件

securitygoods at 11:45|Permalink

2021年10月20日

国の登録受けずに輸出した疑いで逮捕、盗品を保管した容疑で逮捕のベトナム人

2021/10/20 静岡朝日テレビ

国の許可がないまま医薬品や食料品を不正に輸出したとしてベトナム国籍の男女4人が逮捕されました。
窃盗の被害品も輸送していたとみられます。

貨物利用運送事業違反の疑いで逮捕されたのは、ともにベトナム国籍で、東京都豊島区の32歳の会社役員の男と東京都文京区の38歳の会社役員の男の2人。2人の容疑者はそれぞれ5月から7月ごろに国登録を受けずに、在日ベトナム人などから荷物を受け付け、都内の別会社の名義を使って不正にベトナムに荷物を輸出した疑いが持たれています。2人はそれぞれ、窃盗の被害品のカミソリ替え刃や医薬品を受け取り、保管していた疑いで9月に逮捕されていました。

警察によりますと、2人は別のグループで、それぞれSNSなどを利用して客を集め、医薬品や食料品などの荷物を航空機でベトナムに運んでいたということです。
また、2人に会社の名義を貸し、荷物を通関させたとして、都内で会社を経営する別のベトナム国籍の男女2人も逮捕されました。

警察は2人がベトナムに送った荷物には、窃盗被害品も含まれていたとみて捜査しています。警察は4人の認否を明らかにしていません。



securitygoods at 10:51|Permalink

2020年11月16日

女性が無収入と虚偽申告、生活保護費を不正受給

2020/11/読売新聞オンライン

滋賀県栗東市は13日、市内の女性(56)が市に無収入だと虚偽申告し、生活保護費計約246万円を不正受給した疑いがあるとして、詐欺容疑で草津署に被害届を出したと発表した。

市によると、女性は2004年3月から生活保護費を受給。当初は適正受給だったとみられるが、
市が18年12月に収入申告書の提出を求めたところ、ケースワーカーに虚偽申告し、19年1月〜今年6月、毎月の全額を不正受給していたという。
市が6月、女性の勤務先の賃金台帳を入手して就労がわかり、女性も認めたという。



securitygoods at 09:25|Permalink

2020年11月14日

沖縄タイムス元社員、投資仲間26人に給付金申請を紹介 「反社」とのつながり否定

2020/11/14
沖縄タイムス

国の持続化給付金100万円を不正受給したとして、詐欺容疑で逮捕された沖縄タイムス社の元社員の男(45)は懲戒解雇後の10月10日、本紙の取材に応じ「住宅ローンや投資の失敗で数千万円の借金があった」と動機を語った。
自身が主宰する投資グループのメンバーにも給付金申請を紹介。受給した場合は、自身が関わる投資に給付金の一部を出資するよう促し、多くのメンバーが応じたと明らかにした。

今年1月に税理士と出会い、税理士に紹介された男性から5月に同給付金の存在を聞き、申請・受給したほか、自身の投資グループの26人に紹介。メンバーには複数の投資メニューを提示し、受給した給付金の半分程度をいずれかの投資に出資するよう促したという。

「20人以上が投資しているかもしれない」とし、その結果、自身は「仮想通貨の配当で100万円以上の利益を得た」と語った。一方、反社会的勢力とのつながりは「全くない」と何度も否定した。




securitygoods at 16:00|Permalink

2016年10月14日

認知症女性からカード詐取 ケアマネを逮捕

カードを紛失したとウソの説明をして、認知症の女性のキャッシュカードを再発行し、現金600万円を引き出したとしてケアマネジャーの男が逮捕された。

詐欺と窃盗の疑いで逮捕されたのは、東京足立区のケアマネジャー(35)。警視庁によると、容疑者は去年10月、訪問介護をしていた認知症の女性(82)に委任状を書かせ、銀行にキャッシュカードを紛失したなどとウソの説明をしてカードを再発行し、62回にわたり計600万円を引き出した疑いがもたれている。

今年2月、口座の残高が1500万円ほど減っていることを不審に思った親戚が警視庁に相談し、発覚した。容疑者は調べに対し、「遊ぶ金や生活費に使った」と容疑を認めているという。

日本テレビ系(NNN) 2016年10月13日


securitygoods at 06:15|Permalink

2014年09月15日

埼玉・所沢市で警察官装い犯行、キャッシュカード窃盗相次ぐ

今月10日、埼玉県所沢市の住宅を男が訪れ、女性に「犯罪捜査のためキャッシュカードを見せて」などと話しました。男は女性に暗証番号を書かせ、そのメモとカードを封筒に入れて印鑑を要求。女性がその場を一旦離れた後、封筒を返却しますが、男が立ち去った後に開けるとカードなどがなくなっていた。


TBS系(JNN) 2014年9月14日

securitygoods at 09:59|Permalink

2013年04月13日

息子装い詐欺未遂。相手は子供いない女性だった

東京都西東京市の女性(69)に息子の同僚を装って近付き、金をだまし取ろうとしたとして、警視庁田無署は12日、住所職業の男を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。

女性に子どもはおらず、詐欺だと気付いて110番した。女性宅には昨年9月にも詐欺グループから息子を装った電話があり、女性の通報で現金受け取り役の少年が同容疑で現行犯逮捕された。

読売新聞 2013年4月12日

securitygoods at 07:20|Permalink
最新記事
月別アーカイブ