窃盗

2022年03月22日

神戸ロレックス専門店に車突っ込む?シャッター大破、窃盗未遂容疑で捜査

21日午前3時半ごろ、神戸市の高級腕時計・ロレックス専門店で、「侵入警報が作動した」と警備員から110番通報があった。駆け付けた兵庫県警・生田署員が、店舗入口の金属製シャッターが大破しているのを確認した。 当時、店内は無人で、けが人はなかった。 シャッターの下半分が店内にねじ曲がり、ガラス製ショーケースなどが破損しており、防犯カメラの映像からは、何者かが車で店舗に突っこんだ可能性が高いとみられる。
店の関係者は「盗まれた商品はない」という趣旨の説明をしているが、生田署によると、
この店は2021年11月にも窃盗事件があり、今回の事件も窃盗未遂容疑で捜査している。

2022/3/22 ラジトピ ラジオ関西トピックス

securitygoods at 19:28|Permalink

2022年03月17日

19府県でゴルフ場荒らし、7年間で950万円相当盗む

ゴルフ場の茶店に狙いを定めた窃盗犯が逮捕された。広島県警は2日までに、ゴルフ場などを転々としながら現金や食料品を繰り返し盗んだ容疑で無職の男を送検した。富山、石川など19府県で216件、計950万円相当の盗みをしたとみて捜査していた。盗んだ現金は約755万円、送検したのはこのうち25件。
被告は2002年から08年の約7年間でゴルフ場のコース途中にある茶店を狙い、ガラスを割って侵入。冷蔵庫にある酒を飲むと、その場にあった材料を使ってチャーハンなどを作り、満腹になると、金庫を探し、バールなどを用いて現金を盗んでいたという。

2009年2月3日スポーツ報知

securitygoods at 16:57|Permalink

2022年02月14日

他人の住宅の灯油盗んだ疑い、自称会社員の男逮捕、室蘭市

11日夜、北海道室蘭市で、他人の住宅の灯油タンクから灯油を盗んだ疑いで、52歳の男が逮捕されました。逮捕されたのは、自称会社員の52歳の男。男は11日午後11時半頃、室蘭市の住宅の灯油タンクから、灯油を盗んだとして窃盗の疑いがもたれています。

警察によりますと、男はポンプを使ってポリタンクに移しかえる方法で灯油を盗んだということです。
近くにいた目撃者から「ホームタンクの近くに人がみえる」と警察に通報があり、男は駆け付けた警察官にその場で逮捕されました。警察の調べに対し、男は容疑を認めているということです。

2022/2/12 HBCニュース

securitygoods at 09:54|Permalink

2022年02月08日

寺の金庫狙う窃盗事件が続発、被害額1億円 埼玉

夜間や未明の寺院から多額の現金が奪われる窃盗事件が埼玉県内で相次ぎ、被害総額が約1億円に上っていることが8日、捜査関係者への取材で分かった。防犯カメラの映像などから、県警は、3、4人の男からなる同一グループの犯行とみて捜査している。

捜査関係者によると、昨年6月から今月7日までの間に熊谷、加須、本庄、東松山、鴻巣、坂戸の各市などで計52件の被害が確認された。午後10時ごろから翌日の午前6時ごろまでの間にハンマーで窓を割るなどして侵入し、金庫を壊して現金を持ち去ったり、金庫ごと盗んだりするケースが多い。
一部の寺の周辺の防犯カメラの映像からは、犯行グループとみられる複数人の男が車で現場を去る様子などが確認されている。

一度に盗まれた額として最も多かったのは約3千万円で、昨年11月の深夜、県西部の寺が被害に遭った。本堂と事務所をつなぐ廊下の窓ガラスがドライバーのようなもので割られ、事務所の机の下にあった金庫が持ち去られていたという。翌朝になって住職が気づき110番通報した。

寺は、参拝客ら外部の人が敷地内に立ち入っても不審に思われにくい上、多額の現金が保管されているケースも多いといい、
県警はこうした事情を熟知した犯行グループが金庫などに狙いを絞って侵入を繰り返しているとみている。実際、賽銭(さいせん)箱や高価な仏像が盗まれた事例は確認されていない。

近隣の群馬、栃木、茨城、福島各県でも、似通った手口による被害が計約70件(被害額約1億円)確認されており、埼玉県警は各県警と連携して捜査している。

2022/2/8 産経新聞

securitygoods at 19:46|Permalink

2022年02月04日

焼き鳥店を狙い現金盗む犯行繰り返した疑いで建設作業員を逮捕、警備会社のシールない店を探し犯行

自宅近くの焼き鳥店などを狙い、現金を盗む犯行を繰り返した疑いで、31歳の男が逮捕されました。
窃盗などの疑いで逮捕されたのは、大阪市の建築作業員の容疑者(31)。
容疑者は去年10月、城東区の焼き鳥店の入り口をドライバーで破壊して侵入し、現金およそ7万円を盗んだ疑いが持たれています。警察は、容疑者が去年11月までの4カ月間に、他にも33件の窃盗などを繰り返した疑いで検挙していて、被害総額は370万円以上にのぼるということです。

容疑者は、警備会社のシールを貼っていない焼き鳥店を狙い、そのチェーン店が周辺にないか探して犯行に及んでいて、調べに対し、「全ての店で窃盗ができると思った」と話しているということです。

2022/2/3 関西テレビ


securitygoods at 09:19|Permalink

2022年02月02日

ドアのガラス割り侵入、薬局から1360万円盗まれる。

31日午前8時ごろ、福島市内の薬局から「ガラスが割られ、現金が盗まれた」と110番通報があった。
駆け付けた福島署員が確認すると、薬局のドアのガラスが割られ、事務室内から現金約1360万円が盗まれていた。同署は窃盗事件として調べている。

同署によると、同薬局では1月30日午後3時ごろに、関係者が店内で異常がないことを確認。31日午前7時40分ごろに関係者が出勤してきたところ、被害に気付いたという。30日は薬局は休みだった。
ドアは従業員用の出入り口で、鍵が開けられていた。事務室内は物色された形跡があったが、現金以外は盗まれていないという。
同署は何者かがドアのガラスを割って鍵を開け、事務室内に侵入して現金を盗んだとみて調べている。

2022/2/1 福島民友新聞



securitygoods at 16:26|Permalink

2022年01月28日

認知症の男性の口座から現金盗んだ介護士の女を逮捕

自分が担当する認知症の男性の口座から現金50万円を引き出して盗んだとして、介護士の女が逮捕されました。窃盗疑いで逮捕されたのは福岡県直方市の介護士の容疑者(47)。
警察によりますと容疑者は去年8月福岡県飯塚市の銀行のATMで訪問介護をしていた88歳の男性名義の口座から現金50万円を引き出し盗んだ疑いです。

去年8月に被害男性の自宅の居間が燃えるぼや騒ぎをきっかけに、男性の預金通帳やキャッシュカードが無くなっていることが発覚しました。
その後の捜査で、銀行の防犯カメラに無断で金を引き出す容疑者が映っていたということです。
容疑者は「盗んでもばれないと思った」と容疑を認めていて警察が余罪についても調べています。

2022/1/27 FBS福岡放送


securitygoods at 14:40|Permalink

2022年01月20日

マンション建設現場から電線430キロ盗んだ疑い。背景に価格高騰か。

新築マンションの建設現場から大量の電線を盗んだとして、警視庁は塗装工の男2人を窃盗容疑で逮捕し、20日発表した。リサイクル業者に売って換金した可能性が高いという。同庁は、コロナ禍などによる銅の価格高騰が背景にあるとみて警戒を強めている。容疑者は容疑を否認しているという。

2人は昨年11月13日午後10時ごろから14日午前0時ごろの間、共謀して東京都品川区のマンション建設現場で、電線約430キロ(時価計12万円相当)を盗んだ疑いがある。
同課は、2人が柵を乗り越えて敷地内に忍び込み、ワンボックスカーに積み込んで持ち去ったとみている。

2022/1/20 朝日新聞デジタル

securitygoods at 14:45|Permalink

2022年01月02日

夫婦で共謀、厚木の薬局からサプリ盗んだ疑い、ベトナム国籍の女を逮捕

神奈川県警厚木署は30日、窃盗の疑いで、厚木市林5丁目、ベトナム国籍で行政協力員の女(49)を逮捕した。逮捕容疑は、夫の男(55)=事後強盗致傷容疑で現行犯逮捕=と共謀し、26日午後3時15分ごろ、同市泉町の薬局でサプリメント1箱(8618円)を盗んだとしている。
女は「万引きをしたことは間違いないが、夫は私が万引きしたことは知らない」と供述、一部否認しているという。
夫も逃げたが取り押さえられた際に警備員の手の指に軽傷を負わせたという。

2021/12/30 神奈川新聞

securitygoods at 14:25|Permalink

2021年12月20日

電動自転車バッテリー窃盗容疑で高校生逮捕。

電動アシスト自転車のバッテリーを盗んだとして、警視庁少年事件課は20日、東京都に住む都立通信制高2年の男子生徒(19)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。「2020年夏前から中野、杉並の両区で40個以上盗みフリーマーケットアプリで50万円以上稼いだと供述しているという。

逮捕容疑は9月24日午後6時〜同26日午後1時半ごろ、中野区のアパート駐輪場で電動アシスト自転車1台のバッテリー(時価2万5000円)を盗んだとしている。フリマアプリで愛知県の男性に1万9000円で売ったとみられる。

少年事件課によると、男子生徒は過去に盗んだ時に撮影したバッテリーの画像をフリマアプリに掲載し、買い手との売買が成立した後に同機種のバッテリーを盗む「受注方式」で窃盗を繰り返していたとみられる。

2021/12/20 毎日新聞

securitygoods at 19:57|Permalink
最新記事
月別アーカイブ