2022年03月05日

10年前の強盗容疑、大阪府警が誤認逮捕認める、別人を送検

大阪府泉大津市のコンビニエンスストアでの強盗容疑で10年前に男性(31)を逮捕した事件について、大阪府警は4日、別の男性を窃盗容疑で書類送検し、発表した。逮捕された男性は窃盗罪で起訴され、無罪判決が確定したが、勾留は約10カ月間に及んだ。府警は誤認逮捕と認め、4日に男性に謝罪した。

府警によると2012年6月、同市のコンビニで現金1万円が奪われた。男はマスクを買うように装い、店員がレジを開けると、現金をつかんで逃走した。泉大津署は同8月、自動ドアに残されていた指紋などから現在ミュージシャンとして活動す男性を強盗容疑で逮捕した。大阪地検岸和田支部は窃盗罪で起訴したが14年7月、大阪地裁岸和田支部が無罪を言い渡し、確定した。
男性が国と府に慰謝料などを求めた訴訟は棄却されている。

府警は未解決の強盗事件と位置づけ、今年6月の時効を前に21年10月、改めて現場に残された指紋を登録システムで照会。レジカウンター付近に落ちていたポリ袋に付いていた指紋が別の30代男性のものと一致することが判明し、任意で事情聴取した。
容疑が固まったとして今月4日、大阪地検に窃盗容疑で書類送検したが、窃盗罪の時効(7年)が過ぎており、同日に不起訴となった。
刑事総務課によると、今回一致した指紋は、逮捕後の12年後半に登録されたが、指の種類を絞って照会しており、確認できていなかった。

2022/3/4 朝日新聞デジタル



securitygoods at 15:47│ 裁判 
最新記事
月別アーカイブ