2020年08月31日

悪質な訪問販売 男2人逮捕−鹿児島県

リフォーム工事の契約で高齢者の家を訪れた際、実在しない会社の契約書などを交付していたとして特定商取引法違反の疑いで男2人が逮捕された。逮捕されたのは、姶良市の塗装業の容疑者(34)と、本籍が福岡県筑後市の警備員の容疑者(28)だ。
容疑者らは、2019年3月と4月、リフォーム工事の契約のため鹿児島市や日置市に住む60代から70代の男女3人の自宅を訪問。その際、実在しない会社や所在地が載った契約書などを交付したり、契約を解除できるクーリングオフ制度の説明をしていなかったりした疑いが持たれている。「お金を払ったのに工事をしてくれない」などと被害者から相談があり事件が発覚。2人は容疑を概ね認めているという。
容疑者らは、別の女性(当時74)に対してもウソの記載がなされた契約書などを交付していた疑いで8月初めに逮捕されていた。警察は余罪も含め詳しく調べている。



securitygoods at 11:18│ 防犯 
最新記事
月別アーカイブ