2020年04月11日

「遊ぶ金がほしかった」 ゲーム機や現金を連続窃盗 男4人を摘発 沖縄県警

沖縄県警捜査3課は10日、本島中部で8件の窃盗事件などに関わったとして、住所不定無職の男(21)ら男4人を窃盗や建造物侵入などの容疑で摘発したと発表した。4人は20〜21歳で少年時代からの知人。深夜に飲食店へ侵入し、ゲーム機や両替機などを盗んだ疑い。
被害総額は現金109万円を含む約377万円。「遊ぶ金ほしさにやった」と容疑を認めているという。

事件は2019年11月から20年1月にかけ、沖縄市や嘉手納町、北中城村など2市1町2村で発生。同課や沖縄署など3署が共同捜査を進めたところ、防犯カメラに同一人物が写っていたことから被疑者が判明した。
4人のうち3人は窃盗罪などで逮捕(起訴済み)し、残る1人は書類送検した。

2020/4/11沖縄タイムス

securitygoods at 11:16│ 防犯 
最新記事
月別アーカイブ