2019年08月08日

電線250キロ盗んだ容疑の無職男逮捕 宮城

宮城県名取市の工事現場から電線「キャブタイヤケーブル」を盗んだとして宮城県警捜査三課と塩釜署の共同捜査班は7日、建造物侵入と窃盗の疑いで住居不定、無職の容疑者(35)を逮捕した。
調べに対し、容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年4月11日午後5時半ごろから12日午前7時40分ごろの間に、名取市内の簡易宿泊所の解体工事現場からキャブタイヤケーブル約250キロ(時価12万円相当)を盗んだとしている。
容疑者は7月17日にも塩釜市内の大型貸店舗から電線約500キロを盗んだとして逮捕されていた。

共同捜査班は容疑者が転売目的で窃盗を繰り返していた可能性があるとみて余罪を調べている。


2019/8/7産経新聞

securitygoods at 17:45│ 防犯 
最新記事
月別アーカイブ