2018年12月09日

県職員ネットワーク不正アクセスで懲戒免職 奈良

県庁のネットワークシステムに不正にアクセスしたとして県はきょう、五條土木事務所の男性係長を懲戒免職処分にしました。
 
県人事課によりますと、五條土木事務所工務第一課の男性係長は、今年8月、以前の部下で別の課に所属する女性職員の事務机からパスワードを作る機械を盗みました。係長は、その機械を使い女性職員になりすまして、県庁のネットワークシステムに不正にアクセスし、数千に及ぶデータを盗んだということです。
この係長は、窃盗と不正アクセスの疑いで警察に10月に逮捕され、その後、自宅のベランダから男女を盗撮していたことも判明し、罰金70万円の略式命令を受けました。

2018/12/7奈良テレビ放送

securitygoods at 12:09│ 個人情報 | 防犯
最新記事
月別アーカイブ