2018年08月20日

愛知県精神医療センターの薬剤盗難で警備員逮捕、侵入容疑

名古屋市の愛知県精神医療センターで、向精神薬などおよそ3800錠が盗まれた事件で、警察は建造物侵入の疑いで病院の警備員の男を逮捕しました。

逮捕された尾張旭市の容疑者(46)は8月10日、千種区の愛知県精神医療センターで警備員として勤務中に、医薬品を盗む目的で調剤室に侵入した疑いが持たれています。

病院ではこの日までに向精神薬などの医薬品およそ3800錠がなくなっていて、病院の調査に対し、容疑者は「自分で服用するために盗んだ」と話しているということです。

2018/8/18CBCテレビ

securitygoods at 09:17│ 防犯 
最新記事
月別アーカイブ