2017年05月01日

民家から300万円窃盗、大阪府警巡査を起訴

勤務中に高齢男性宅から現金を盗んだとして大阪府警の警察官が逮捕された事件で、大阪地検は28日、窃盗などの罪で、府警貝塚署地域課の巡査(25)を起訴した。

起訴状によると、被告は4月1日、大阪府貝塚市内の無職男性(89)宅に捜査のために必要と偽って勝手口から侵入し、寝室の押し入れにあった現金300万円を盗んだとされる。

府警は4月8日、被告を逮捕していた。今年1月にも男性宅から別に現金約200万円を盗んだ疑いもあり、今後追送検するとともに懲戒処分する方針。

産経新聞 2017/4/28


securitygoods at 09:53│ 防犯 
最新記事