2017年02月17日

窃盗71件、被害1150万円 ブラジル人3人の捜査終結

磐田署、袋井署、天竜署、湖西署、県警捜査3課の合同捜査班は17日までに、窃盗などの疑いで逮捕したブラジル人3人について、県内外の店舗や住宅で計71件の窃盗を繰り返していたことを裏付け、捜査を終結した。被害総額は約1150万円に上った。

磐田署によると、3人は2013年1月ごろから2016年10月ごろまでの間、県内や愛知県内の店舗や一般住宅に侵入し、現金約150万円や、乗用車やパソコンなど約400点(1千万円相当)を盗む犯行を繰り返していたとされる。

静岡新聞 2017/2/17


securitygoods at 19:08│ 防犯 
最新記事