2016年11月01日

大阪で自販機連続放火。10月中旬以降、10件発生。

大阪市内の広範囲で10月後半の2週間、自動販売機が燃える不審火が延べ10件確認された。いずれも周辺に火の気がないことなどから大阪市消防局では、放火の可能性が高いとみており、注意を呼びかけている。

同消防局によると、不審火が確認されたのは、西成、港、此花、旭、浪速、住之江の計6区。このうち、住之江区を除く5区では、15〜27日の未明から早朝の時間帯にかけて計5件が発生。さらに29日早朝に住之江区で3件、同日深夜に浪速区で2件が発生した。

いずれも住宅街で発生しており、民家や倉庫、店舗などの前に設置されている自販機が多いという。さらに、22日には此花区で自販機の一部が燃えて溶けたような跡も2カ所で確認されている。


産経新聞 2016/11/1


securitygoods at 21:03│ 防犯 
最新記事