2016年09月02日

空き巣など104件、被害裏付け 京都、窃盗容疑で2人追送検

京都府警捜査3課と八幡署などは1日、八幡市の会社員の男(43)と、住所不定、無職の男(40)について、104件(計4600万円相当)の被害を裏付け、うち4件(計約350万円相当)を窃盗などの疑いで追送検したと発表した。

2人は2015年9月〜16年1月、京都や滋賀など2府4県で空き巣などを繰り返し、盗んだ貴金属類を売却していたという。
追送検容疑は共謀し、1月5日午後1時過ぎ、八幡市内の会社員男性宅に侵入し、金庫など24点(計約300万円相当)を盗むなどした疑い。

京都新聞 2016年9月1日


securitygoods at 06:43│ 防犯 
最新記事