2006年07月10日

偽造カード集団47人摘発 原板8700枚押収

クレジットカードの大量偽造事件を捜査していた福岡県警や警視庁などの合同捜査本部は10日、詐欺容疑などで日本、中国、韓国人などの47人、計90件の事件を送検し捜査を終えたと発表した。
関係先の家宅捜索で偽造カード約700枚、カードの原板約8700枚、磁気情報をカードに入れるための機器も約50台を押収した。

リーダー格の中国人は店舗に客のカードの磁気情報を読み取るスキマーと呼ばれる機器を設置し、盗んだ磁気情報を東京都や千葉、埼玉両県に設けた拠点でカードの原板に入力。
(共同通信) 7月10日

securitygoods at 20:00│ 個人情報 | 防犯

この記事へのコメント

1. Posted by クレジットカード申込&比較[年会費無料]   2006年07月26日 23:20
こんばんわ。貴サイトを拝見し、大変奇麗でコンテンツも充実していておどろきました。これからも応援します。
最新記事
月別アーカイブ