2014年02月

2014年02月15日

数十人分の致死量。製薬会社で毒物なくなる。

神戸市の製薬会社で、数十人分の致死量にあたる毒物「アジ化ナトリウム」がなくなっていたことがわかった。警察は盗まれた可能性もあるとみて調べている。

警察によると、神戸市の製薬会社で、今月6日、防腐剤として使用するアジ化ナトリウムの粉末46.2グラムを複数のビニール袋に小分けし、専用の倉庫で保管したが、12日になって社員が確認したところ袋がすべてなくなっていることが発覚。社内調査でも見つからず警察に届け出た。

建物に入るにはICカードが必要で、さらに倉庫も施錠されていて、警察は、何者かによる窃盗の可能性もあるとみて調べている。

日本テレビ系(NNN) 2014年2月15日

securitygoods at 21:24|Permalink防犯 
最新記事