2012年04月

2012年04月27日

空き巣:被害8割増 マンション・ハイツ狙い目立つ 奈良

今年に入り県内の住宅で発生した空き巣被害が、昨年の同時期に比べ約8割も増加していることが県警のまとめでわかった。被害住宅は、マンションやハイツが昨夏ごろから目立ち始めており、大型連休を控え、県警は「不在時の防犯対策を」と呼びかけている。

県警生活安全企画課によると、今年1〜3月に確認された空き巣は昨年同期比77%(67件)増の154件。現金の被害額も約1500万円と昨年を500万円上回った。刑法犯の認知件数が同14・3%(449件)減る中、増加を見せたのは住宅狙いの侵入窃盗の他、高校の卒業者名簿を悪用するなどした振り込め詐欺のみだった。

空き巣154件のうち、マンション・ハイツを含む「その他」は約2割の35件。マンション・ハイツが被害住宅に占める割合は昨年5月までほぼ数%台で推移していたが、6月から今年3月末まで、毎月10〜50%台が続く。ほとんどが1階の掃き出し窓を割り、鍵を開けて侵入している。

犯人が侵入に5分以上かかった場合、7割が諦める統計もあるといい、同課担当者は「手間をかけさせるのも予防になる」と指摘する。補助錠や窓ガラスに張る保護シートなどの防犯グッズはホームセンターなどで購入できる。また、犯人は光や音を嫌うため、センサー式のライトやブザーも効果的。ひもを引っ張ると大音量が鳴る携帯式の防犯ブザーを、窓と壁に固定して警報装置に使う世帯もある。


毎日新聞 4月27日


securitygoods at 22:01|Permalink防犯 

2012年04月07日

ひったくりで少年3人逮捕 都内や千葉、埼玉で約50件に関与?

自転車で追い抜きざまに高齢女性の手提げバッグをひったくったとして、警視庁捜査3課は、窃盗の疑いで、東京都葛飾区に住む少年ら3人を逮捕した。3人は容疑を認め、「飲食代や遊興費がほしかった。他に30件ぐらいやった」と供述している。
平成22年夏ごろから今年3月中旬ごろまでに、東京都葛飾区や足立区、千葉県松戸市、埼玉県三郷市で、自転車やオートバイを使ったひったくり被害が約50件あり、同課は3人が関与した可能性があるとみて調べている。

産経新聞 4月6日

securitygoods at 08:21|Permalink防犯 
最新記事
月別アーカイブ