2010年07月

2010年07月20日

窃盗罪、検察、異例の無罪求刑 「証拠映像は別人」受け

防犯カメラに映っているなどとして窃盗罪に問われ、公判でカメラの男と被告は別人とする鑑定結果が証拠採用された金沢市の無職の男性被告(62)に対する論告求刑公判が20日午後、金沢地裁で開かれた。鑑定は検察側が行ったもので、金沢地検は異例の無罪求刑をした。


地検は、被告が09年8月15日、石川県白山市のコンビニエンスストアの現金自動受払機(ATM)で他人のキャッシュカードを使い5回にわたり計100万円を盗んだとし、09年11月17日に起訴した。

検察側は有罪立証の重要証拠として、現金を引き出す防犯カメラの映像の男が被告と同一人物だと主張。被告自身も検察官の取り調べで「(映像の男は)自分だ」と供述するなどそっくりだったという。しかし被告は容疑については「コンビニには行ったこともない」と、逮捕段階から一貫して否認していた。

地裁は10年4月、地検の請求で被告の拘置を取り消し「別人」とする愛知県警科学捜査研究所の鑑定結果を5月の第5回公判で採用していた。

7月20日 毎日新聞



securitygoods at 20:01|Permalink裁判 

2010年07月13日

高層階に侵入、容疑で男を逮捕−大阪

大阪市中央区の電気設備工の男が窃盗と住居侵入の疑いで逮捕したと発表した。
マンションの高層階を狙い、空き巣を350件以上やったと供述しているという。

起訴内容は今年6月、マンション14階で、ベランダから女性宅に侵入し、現金やバッグなど(計約90万円相当)を盗んだ、としている。

容疑者は、番号錠だけで施錠された賃貸マンションの空き部屋に入り、ベランダ伝いに隣室に侵入する手口を多用していた。「10階以上の部屋は無施錠が多く、金目のものも多かった」と供述しているという。

7月13日 毎日新聞



securitygoods at 19:32|Permalink防犯 

2010年07月11日

LPガスボンベ31本、盗んで自宅で使った男逮捕

岡山県警は、2年にわたってLPガスボンベを盗んでいたとして、総社市の建設業の男を窃盗の疑いで送検した。
2008年から2010年、岡山市や高梁市の地域集会所や寺などから、軒先にあるLPガスボンベ(1本当たり8〜10キロ)31本など計23万円相当を盗んだ疑い。

7月10日 読売新聞

securitygoods at 10:39|Permalink防犯 

2010年07月03日

被害品にはダックスフント、400件以上窃盗のグループ追送検

埼玉、千葉、茨城の3県で事務所荒らしなど400件以上を繰り返したとして、埼玉県警捜査3課と組織犯罪対策課、越谷署などの合同捜査班は2日、窃盗の疑いで、千葉県野田市の無職の男ら5人を送検した。グループが3県で窃盗など426件の犯行を重ねたことを確認。被害は計約3億3000万円相当に上る。

グループの窃盗は事務所荒らしや自動車盗、車上ねらいなど多様な手口で行われていた。盗んだものもさまざまで、昨年1月には春日部市でダックスフントを盗んでいた。

7月2日 産経新聞

securitygoods at 07:54|Permalink防犯 
最新記事
月別アーカイブ