2006年04月

2006年04月30日

派遣労働者、平均年収は291万円

厚生労働省が実施した派遣労働者に関するアンケート調査で、派遣労働者の賃金が平均月額20万6000円だったことが分かった。
賞与・一時金の支給も約4割にとどまっている。同省がまとめた2005年の事業所規模5人以上の平均給与総額は月額33万4910円で、派遣労働者の賃金水準の低さが浮き彫りになった。

調査は、厚生労働相の諮問機関「労働政策審議会」の部会に資料として提出された。全国の派遣元事業所5000か所から派遣された労働者1万5000人を対象に昨年10〜11月に実施し、2908人から回答を得た。

それによると、平均年収は291万7000円で、給与形態も時間給制が半数を占め、月給制は35%にとどまった。諸手当については、賞与・一時金の支給がある人が39・3%だった。通勤手当を支給されている人も69・8%にとどまり、支給されている場合でも、実費相当分が支給されているものは62・3%にとどまった。
(読売新聞) 4月30日

securitygoods at 20:55|Permalink過労死 

「連絡網作れない」個人情報保護部会で私立校の例報告

個人情報保護法の見直しの必要性を検討している内閣府の国民生活審議会個人情報保護部会のヒアリングが24日行われ、日本私立小学校連合会が「緊急連絡網を作成できないなど、必要な情報さえ共有できない過剰反応が現場で起きている」と報告した。
(読売新聞) 4月24日


securitygoods at 07:52|Permalink個人情報 

神奈川県警の「放置死」、県のみ550万賠償命令

横浜市保土ヶ谷区で1997年7月、事故車の中で倒れていた同市泉区の自営業の男性が保土ヶ谷署員に放置されて死亡し、監察医も司法解剖を行わずに虚偽の検案書を作成したなどとして、妻ら遺族4人が神奈川県や監察医らに約1億6200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、横浜地裁であった。
裁判長は、署員が救護義務を怠り、男性を放置したと認め、県にのみ約550万円の支払いを命じた。その他の請求は棄却した。
判決で裁判長は、署員2人が通報で駆け付けた際、車には事故の形跡があり、久保さんは肩を揺すっても目を覚まさなかったことなどから、「重度の意識障害に陥っていたことは明らかだった」と指摘。救急車を呼んだり、病院に運んだりするなどの「個人の生命を保護する警察官の義務を怠った」と過失を認めた。
また、救護措置をしなかったことと死亡との因果関係は否定したものの、署員が救護していれば死期を遅らせることができたとし、延命の可能性を侵害したとした。

一方、解剖された臓器が保存されていることなどから、司法解剖は行われたと認定。臓器片を「別人のもの」としたDNA鑑定については、臓器が薬品内で長期保存され、正確な鑑定が困難だったとして採用しなかった。
判決前に「納得できる判決が出れば夫の命日にしたい」と話していた妻は「科学的な鑑定結果を否定した判決で、全く信じられない。これでは夫の命日にならず、夫に報告もできない」と怒りの表情を見せた。控訴については今後検討する。
一方、県警の高瀬順治監察官室長は「裁判所の判断を厳しく受け止めている」との談話を発表。控訴については「判決を十分精査し、判断する」とした。
(読売新聞)4月25日


securitygoods at 07:49|Permalink裁判 

2006年04月27日

394人に11億3300万円 2005年度犯罪被害者給付金

犯罪被害給付制度に基づき、2005年度1年間に遺族や被害者計394人に、給付金約11億3300万円が支給されたことが27日、警察庁のまとめで分かった。前年度から人数で54人、金額で約1億1400万円減少した。
まとめによると、遺族給付金は209人に平均約454万円を支給した。最高額は約1500万円、最低額は約29万5000円。
被害者が負担した療養費を支給する重傷病給付金は114人に平均約14万5000円、障害が残った場合に支給される障害給付金は71人に平均約235万円だった。
(共同通信) 4月27日

securitygoods at 21:20|Permalink防犯 

2006年04月26日

窃盗罪に罰金50万円新設 改正刑法が成立

懲役刑しかない窃盗罪に50万円以下の罰金刑を新設するとともに、業務上過失致死傷罪の罰金上限を50万円から100万円に引き上げることを柱にした改正刑法が、25日午後の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。

現行では窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役。このため、万引など懲役刑とするには重すぎるケースでは、起訴猶予にするなどして対応してきた。しかし、万引の摘発件数の急増を受け、事件の程度に応じて弾力的に処罰できるよう罰金刑を設けて抑止効果を強めることにした。
業務上過失致死傷罪の罰金引き上げは、交通事故被害者の要望が強かった上、捜査関係者からも「ケースによっては現行の罰金の上限は軽すぎる」と指摘されていた。
(共同通信) 4月25日

securitygoods at 22:24|Permalink防犯 

高級腕時計など200点盗まれる、山形の貴金属店

26日午前9時半ごろ、山形市の貴金属店で、ショーケースなどにあった高級腕時計や指輪など計約200点が盗まれているのを出勤してきた社長が見つけ、110番通報した。
被害総額は千数百万円に上るとみられ、山形署は窃盗事件として調べている。
調べによると、同店と布で仕切られた空き店舗スペースでドアの錠がこじ開けられていた。
(読売新聞)4月26日

securitygoods at 22:21|Permalink防犯 | 事件

2006年04月24日

夜間金庫前で400万円奪われる 静岡

23日午後9時50分ごろ、静岡県富士宮市の信用金庫前で、ヘルメットなどで顔を隠した2人組が、夜間金庫に売上金を預けに来た近くのガソリンスタンドのアルバイト店員に刃物を突き付け脅した。2人組は店員から現金約400万円が入ったバッグを奪い、徒歩で逃走した。店員にけがはなかった。
(毎日新聞)4月24日

securitygoods at 22:44|Permalink防犯 | 事件

集団登校の小学生にBB弾、「死んで」と車内から

24日午前8時ごろ、愛知県刈谷市の県道で、集団登校していた小学校の児童の列に向け、乗用車内から若い男がエアガンのプラスチック製BB弾を発射した。
6年生の男女児童2人に計4発が当たったが、けがはなかった。刈谷署は暴行事件として逃走した男らの行方を追っている。
現場は同小近くの交差点。児童約30人に信号待ちの車からガムが飛んで来た。後部座席の若い男が「お金ちょうだい」と要求。断ると「それじゃあ死んで」などと言い、エアガンを撃ったという。 
(時事通信) 4月24日

securitygoods at 22:43|Permalink防犯 | 事件

2006年04月22日

騒音女に懲役1年の実刑−住人、ラジカセで体調崩す、奈良地裁

奈良県平群町の自宅で2年以上にわたり、ラジカセで大音量の音楽を流し続け、近所の女性を体調不良にさせたなどとして、傷害と暴行の罪に問われた被告の判決公判が21日、奈良地裁であった。裁判長は「非常に陰湿で執拗(しつよう)な犯行。反省の態度はみじんも感じられず、再犯の可能性もある」として、懲役1年(求刑懲役3年)の実刑を言い渡した。 
(時事通信) 4月21日

securitygoods at 08:09|Permalink裁判 

機動隊員、連続婦女暴行認める、犯行6件か−大阪府警

女性の口をふさいだ暴行の現行犯で逮捕され、わいせつ目的だったとして強姦未遂罪で起訴された大阪府警の巡査長が、別の女性を同じ現場で乱暴しようとした疑いが強まり、府警刑事特別捜査隊は21日、強姦未遂容疑で再逮捕した。

現場周辺では、立件された3〜4月の2件以外にも、昨年6〜12月、高校生から23歳までの女性に対する強姦致傷容疑や強制わいせつ容疑などの事件が4件発生。同容疑者も大筋で関与を認めており、同隊は裏付け捜査を急ぐ。府警は21日付で懲戒免職処分にした。 
(時事通信)4月21日

securitygoods at 08:06|Permalink事件 | 防犯
最新記事