2005年03月22日

海外での窃盗被害を、関西空港で届け出でる人が急増

関西空港の大阪府警関西空港署に、海外で犯罪被害に遭った旅行者からの被害届が相次いでいる。
警察への被害届が海外旅行傷害保険の保険金請求に必要なためだが、 実際は旅行先の現地警察で交付を受けないと保険金は支払われない。 署員が各国の地図を手に苦労して作った被害届は、捜査もできずに倉庫に眠るばかりだ。
同署は『もう一度、旅行先に戻ってほしいとも言い出せずに受理しているが、被害は必ず現地で届けて。』と呼びかけている。


昨年、同署への海外での被害届は、フランス13件、中国11件、アメリカ、イタリア各10件など24か国。大半がスリや置き引きで、旅行者が”言葉がわからない”と現地で届けず、帰国直後に出しに来るという。

大手損害保険会社によると、任意加入の海外旅行傷害保険の多くは、盗難時の特約が付いているが、被害地で届け出ることが原則。 日本で届けても被害の証明にはならないという。
また、日本警察は窃盗などの国外犯は捜査不能。同署はやむなく『万が一、犯人が日本人だったら、犯人帰国後に捜査できる。』と解釈して被害届を受理。昨年は管轄の関空内で起きた事件の被害届(75件)を上回ったが、解決した事件は無いという。

署員は、旅行者のガイドブックを一緒に眺めながら、被害状況を聴取するが、『被害場所の特定もままならない。互いにとって時間の無駄では。』と苦笑する。

http://www.security-joho.com/topics/2005/ryokounotounan.htm

海外旅行保険(海外旅行傷害保険)の補償内容





securitygoods at 17:22|Permalink 防犯 

2005年03月20日

大型家電量販店狙いの窃盗犯グループ、警備員が駆け付けるまでの約5分間で盗み

170bd2f3.jpg千葉県警捜は、八千代市の無職の男ら5人を窃盗容疑などで逮捕した。県内や埼玉、茨木県で大型家電量販店などを狙っており、これまで計63件で約8700万円の被害を確認している。5人とも容疑を認め、遊ぶ金欲しさにやった、と供述しているという。


容疑者らは深夜の時間帯に、閉店した家電量販店にハンマーでガラスを割って侵入する手口を繰り返しており、『警報機が鳴って警察官か警備員が駆け付けるまでの約5分間で盗みをすませていた。』などと供述しているという。盗品は質店などで処分しており、警察はその際に提示していた身分証から容疑者らを突き止めたという。

http://www.security-joho.com/
お店、事務所の防犯対策、防災対策

店舗や事務所の盗難防止グッズ


securitygoods at 21:29|Permalink 事件 

2005年03月17日

母子家庭ばかりを狙った強制わいせつ男を逮捕-住基台帳を閲覧して母子家庭を調べる

今年1月に名古屋市内で女子中学生に暴行したとして、愛知県警は9日、強制わいせつの疑いで県内の無職の男をを逮捕した。容疑者は、『区役所の住民基本台帳を閲覧し、女の子がいる母子家庭を狙った』などと供述しているという。

調べによると、容疑者は住民基本台帳を閲覧して家族構成を確認。小学生や中学生の女子がいる母子家庭などに狙いを定めた上で、名古屋市内の女子中学生の自宅を訪問。応対に出た女子中学生を玄関先で殴って脅した上、暴行を加えた疑い。 

台帳の個人情報、悪徳業者に転用されている?
戸籍、住民票、印鑑を伴ったトラブル関連リンク集
空き巣や盗難など防犯対策のヒントが満載-セキュリティ情報.com

securitygoods at 19:58|Permalink 事件 

2005年03月15日

テレビ番組で防犯指導の『元泥棒』は現役だった!

『元泥棒』の肩書でテレビ番組に出演し、防犯指導をする傍ら盗みを働いていたとして、愛知県警は住所不定無職の男を窃盗容疑で逮捕した。


容疑者は昨年12月、三重県内の家屋解体業者ら4人と共謀し、愛知県の自営業者宅に、1階ガラス窓を破って侵入し、現金500万円と貴金属など25点(時価約3300万円相当)を盗んだ疑い。
5人は工事現場などで知り合った仲間で、盗んだ現金と貴金属は容疑者が独り占めし、4人には焼き肉をごちそうし、1万円ずつ渡しただけだった。

容疑者は、2003年12月、テレビのクイズ番組に、吉田五右衛門の名前で出演。『2000件の窃盗を働いた元泥棒だが、現在は更生し、今までの罪滅ぼしに今後の人生を防犯活動にささげることを決意した。』として、番組では泥棒に狙われやすい家や侵入経路などを説いていた。

元泥棒売り物にテレビで防犯指導の男逮捕

一戸建て住宅の防犯対策と体験談
住宅の盗難防止グッズのご紹介



securitygoods at 23:08|Permalink 事件 

2005年03月12日

ホームセキュリティの機能をわかりやすく解説-選択する際の確認ポイントと導入例。

643f76f4.jpg各種センサー機器があなたの自宅の安全を監視をします。

泥棒、火災、ガス漏れ、非常通報、救急通報などサービスも多彩になってきました。また、異常の際は携帯電話などの登録先へ自動通報する機種も増えてます。

異常発生時には泥棒を、近所にも聞こえる大音響や光の点滅などで威嚇して犯罪を抑止し、安全を守ろうとするのが 自主機械警備システムです。 警備員の来ない、多額のランニングコストのかからない防犯、防災システムです。

屋内の他に、建物の外部で設置して大音響を鳴動させる機器も販売されています。電話通報器をセットして、侵入や火災など異常の際は携帯電話などへ自動通報される機器も増えています。機器は買い取り、月々の警備料などのランニングコストはかかりません。

ホームセキュリティシステム(家庭向け防犯システム)の機能と確認ポイント
低コストで誰でも簡単に設置できる、本格派ホームセキュリティシステムです。
無線機ホームセキュリティの導入事例集

securitygoods at 08:11|Permalink グッズ 

2005年03月11日

ガソリン泥棒、相次ぐタンクローリー1代分、地下タンクから盗難

1日、群馬県内のガソリンスタンドで、ガソリン約1万3500リットル(タンクローリーほぼ1台分、約140万円相当)が地下タンクから抜き取られているのを店長が見つけ、警察に届けた。
同県内では1月以降、今回を含め計7か所で、ガソリン約3万5800リットルと灯油、軽油計約3万3000リットルが被害に遭っており、転売目的の組織的な犯行とみて調べている。

関係者によると、被害にあったガソリンスタンドではプラスチック製のさくが壊され、車両が進入した跡があった。タンク上部に直径30〜40センチの鉄製のふたがあるが、鍵などはかかっていなかった。
2月下旬に被害に遭ったGSでは、タンクローリーのほか不審なトラックが目撃されており、関係者は発電機と強力なポンプを持ち込んで吸引していった可能性が高いとみている。


自動車の盗難、車上荒らし事件関連リンク集

securitygoods at 23:25|Permalink 事件 

2005年03月08日

電話が敷設されていない物件の遠隔監視が可能になります。携帯電話による自動遠隔通報システム。

cb39b400.jpg電話が敷設されていない物件の遠隔監視が可能になります。
仮設事務所、倉庫、無人店舗、農業施設など
(携帯電話が通話できる場所に限ります)

開閉センサー、赤外線、火災センサーなど豊富なセンサーをご利用いただけます。 センサーは電池駆動ですので自由に監視エリアを設定、変更できます。
携帯電話を直接接続して通報しますので、インターネット、DoPa網、パソコンは一切不要です。
※携帯電話が一つ必要になります。
特注で、電池で作動する無線式屋外用赤外線センサーをご利用できます。
屋外の不審者や泥棒の侵入を簡単に監視できます。
携帯電話による自動遠隔通報システム

securitygoods at 17:22|Permalink グッズ 

2005年03月03日

住民台帳で大量の個人情報を閲覧、悪徳業者に転用されている可能性濃厚?

33f37a93.jpgダイレクトメールを使った強引な商法で行政処分を受けた業者などが、住民基本台帳の閲覧制度を利用して、個人情報を大量に入手していることが、東京の特定非営利活動法人の調べでわかった。

振り込め詐欺や架空請求など個人情報を不正利用した犯罪が横行するなか、市区町村による閲覧の審査基準の運用がまちまちであるという問題が浮上してきている。

住民基本台帳法では、氏名、住所、生年月日、性別の情報について誰でも閲覧請求が可能だが、自治体の長は請求を拒むこともできる。住所や生年などを指定すれば、該当する個人情報が大量に閲覧できる。

閲覧請求する際には、請求者の氏名、住所、使用目的などを提出しなければならないが、審査は市区町村によってまちまちだ。不当な目的で利用されないかどうかを確認するため、法人登記簿、会社概要、事業の説明などの提示を求めていたのは13市区町村に過ぎなかった。

個人情報の保護と安全関連リンク集
戸籍、住民票、印鑑を伴ったトラブル関連リンク集

securitygoods at 20:19|Permalink 防犯 

2005年03月01日

外国人犯罪最多、中国人突出40%超、共犯率も増加

昨年一年間に全国の警察が摘発した来日外国人による事件は、前年比16.0%増の4万7124件と過去最多となったことが警察庁のまとめでわかった。摘発者も同9.2%増の二万千八百四十二人で過去最多。国籍別では中国が四割以上を占め、6割近い1万2306人が不法滞在者となっている。

摘発者を国籍別に見ると、中国人が同2.9%増の9257人で最多。
これに、
韓国の2065人
フィリピンの1638人
ブラジルの1321人
などが続いている。

刑法犯の摘発事件(3万2083件)では、二人組が20%、三人組が22%、四人組以上が27%を占め、共犯率は69%と前年より7.3ポイント上昇して過去最高。
日本人は8割が単独犯で、来日外国人による一層の組織化をうかがわせている。

警察庁は『旅券や外国人登録証明書の偽造、地下銀行、地下診療所といった犯罪インフラが出来上がり、不法滞在を助長している』と指摘、取り締まりを強化している。

昨年十月に埼玉、栃木の両県警が摘発した事件では、中国人ら9人が不法滞在の外国人を相手に旅券や外国人登録証明書、運転免許証を偽造して販売していたほか、人材派遣会社に就労を斡旋していた。

警察庁は『不法滞在者に不法就労を斡旋するとともに、偽造した証明書を用意するなど、犯罪インフラが複合ビジネス化している状況もうかがわれる』と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050225-00000021-san-soci


securitygoods at 22:07|Permalink 事件 

2005年02月27日

保険証の生年月日、存在しない『昭和1年6月1日』で本人確認

-銀行に過失認定-盗難通帳の現金引き出し事件-
<盗難通帳>「昭和1年6月1日」存在せず、銀行に過失認定

盗難通帳で預金を全額引き出された東京都内の女性が「本人確認を怠った」として、東京三菱銀行に計1450万円の返還を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。佐久間健吉裁判官は、窓口で提示された健康保険証の生年月日が存在しないのに確認を怠ったなどとして、定期預金分について同行の過失を認め、600万円の支払いを命じた。普通預金分の返還は認めなかった。

裁判官は「定期預金の満期前解約は、普通預金の払い戻しと異なり、銀行の本人確認の注意義務は高くなる」と指摘。そのうえで「窓口で盗難通帳とともに提示された健康保険証の生年月日が昭和1年6月1日という存在しない日付だった。疑問を抱かなかった過失がある」と判断した。大正天皇の死去で昭和が始まったのは12月で、昭和1年6月1日は存在しない。
 判決によると、女性は03年6月12日、自宅から通帳と印鑑を盗まれ、都内の支店で同日に普通預金850万円、翌13日に定期預金600万円を引き出された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050221-00000124-mai-soci
預貯金過誤払被害、印鑑、カード、偽造(スキミング)


securitygoods at 08:04|Permalink 事件 

2005年02月24日

盗んだバイクに部品を組み合わせ、新車としてナンバー登録。

盗んだバイクから取り外した部品と、正規に購入した部品を組み合わせて、『新車』のバイクを組み立て、友人らに販売するなどしていたとして、警視庁少年事件課は、中学生1人、高校生11人を含む東京都内の少年20人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。

少年グループは計48台のバイクを盗み、13台の新車を作り上げていた。いずれも、メンバーや友人の名義で役所に登録し、ナンバープレートを取得していた。

グループは、盗んだバイクから取り外したエンジンやタイヤなどの部品を、インターネットオークションで2万円前後で購入したバイクのフレームに取り付けて、新たなバイクを作り上げていた。

市役所には、ナンバープレートの番号とともに、フレームに打刻されている車台番号も登録されている。ナンバープレートを取り替えただけでは、盗難車であることが発覚してしまうため、同グループは、フレームだけは正規に購入していた。

グループでは、フレーム購入、窃盗の下見、見張り、盗難車の搬送など、メンバーが役割を分担して犯行を続けていた。
グループが市役所に登録した13台のうち9台は、各3万〜7万円で友人に販売し、残り4台は自分たちで乗り回していた。

リーダー格の少年は、『先輩からもらったバイクを登録したところ、簡単にナンバーを取得できた。正規のフレームを使えば盗難車でも登録できると気づいた。』などと供述しているという。

窃盗:バイク盗の少年20人逮捕 解体し、「新車」で販売−−48台が被害 /東京

自動車の盗難、車上荒らし事件関連リンク集


securitygoods at 14:22|Permalink 事件 

2005年02月23日

異常を電波で400m先まで転送、遠隔物件の監視にお困りの方にBBeeテレセンサーシステム

1041700c.jpg防犯、火災センサーの異常を電波で400m先まで転送、自動通報が可能になります。事務所〜監視物件間の有線工事は必要ありません。
監視物件のセンサーは、異常を感知すると発信器に無線通報。
発信器Tr1は、最大見通し400m先まで受信機Re1に電波で異常を通報します。受信機に接続した電話通報機は異常検知の際、最大4箇所まで自動通報します。

大規模な工場や駐車場、倉庫や車庫の防犯盗難監視、火災監視にご利用いただけます。 有線工事が必要ありませんので、圧倒的な低コストで導入が可能です。

特定小電力無線送受信機BBeeテレセンサーシステム


優良な防犯グッズをご紹介する安全対策.com

securitygoods at 10:31|Permalink グッズ 
最新記事
月別アーカイブ